会社歴史
2012

台湾カーボンナノテクノロジー(TCNT)は新竹サイエンスパークの竹南ベースで成立し、ナノカーボン材産業のニーズを一括で垂直統合し、インダストリー4.0を目指します。標


2013

TCNTは戦略パートナーのSFCEグループと連携し、常州で乾元カーボンテクノロジーを設立し、太陽電池モジュールフレームを生産します。持ち株シェアが30%であります。


2014

世界最大グラフェン反応炉を建て、年産量は250トンに達しました、機能カーボンナノチューブは30トンまで提供できます。

2014/08

▪ 順風光電香港との許可合意を結びました。

▪ 同時期に、順風グリーンエナジーと協同し、新型カーボンナノチューブプラチックフレームの開発に力を入れました。


2015

▪ 台湾コージェネレーションと連携合意を結び、新竹香山にて台湾初めの海水エネルギー蓄積工場を建てました。

▪ 台北医学院と協同し、快速肺炎検診システムを開発し、マッカイ記念病院とバイオセンサーの研究開発も行いました

▪ TCNTはマッカイ記念病院の【バイオ医学及び創新育成発展センター】の研究に参加しました。当センターは医療技術の推進を狙っています。バイオテックと医療技術の発展により、国際化、知識的経済及び多角化発展の築きを目標としています。


2016/01

▪ 2016年1月1日から、正式に台湾カーボンナノテクノロジーと改名をしました。

▪ 取締役会は子会社の新潔電力株式会社と伊諾司バイオテック株式会社を通じ、エネルギーとバイオテック産業での発展に励んでいます。

2016/05

TCNTは台北エクスチェンジ(OCT)に有償増資を申請しました

▪ 2016年6月28日から最短五日間の営業日の間、有償増資の情報を掲示し、 その後、2016年7月5日から投資者の株式申込及び支払い作業を行いました。。

2016/06 6月30日本社の会議室にて、2016年度定時株主総会を開催しました。。
2016/07 7月19日世界初のソルトイオン二次電池を発表しました。特許を持っているナノカーボン電極でイオンの分離のエネルギー蓄積原理で、従来の電池の制限を通り抜けました。
2016/08 8月26日TCNTは台北エクスチェンジ(OCT)の審査を通り、正式に登録できました。証券コード:7502